読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフプランのこと、趣味のこと、真面目に考えて見ました。

気が付けば、銀行員8年目。ライフプランのこと、趣味のこと真面目に考えてみました。

親世代と子世代の年金の考察①

年金って、今後どうなるの?

若い子は、貰えるの?

今回は、こんな話です。

 

補足すると、

年金機構が破綻してとかそういう話は

考えませんが、

現在、年金もらっている人と

現在、年金払っている人で

平均生涯給与が同額と仮定した場合で

年金どんぐらい違うのって話です。

 

計算方法は、

若干複雑なので割愛しますが、

勤続40年、ボーナス 3.9ヶ月のサラリーマン

で、現在76歳以上大卒、現在36歳以下大卒

で計算しました。

 

ざっと、こんな感じです。

 

生涯平均給与 60万       年金額差額 36万/年

生涯平均給与 50万       年金額差額 30万/年

生涯平均給与 40万       年金額差額 24万/年

 

このデータ見て、

いま年金を貰ってる人と年金を払っている人

では、払っている時の経済環境も大きく違うし

差額はもっと大きくなるんじゃないか? 

って人いると思います。

私も、そう思います。

 

出来るだけ恣意的にならない条件で

計算しました。でも、これぐらいは

確実に開きます。

 どうぞ、参考にしてください。

 

「余談」

親世代のライフプラン

子世代のライフプラン

 

いまは、年金のみならず、経済環境も

あらゆる点で違います。

なのに、親世代のライプランを倣って

子世代は、ライフプランを描いていいのか

って話でもあるし、親世代は、

自分たちのライフプランをおしつけるべき

なのかっていう私の自論にも繋がる話

でした。